神社挙式ってどういうもの?

神社挙式に関する情報を集めたサイトです。

神社挙式ってどういうもの?

結婚式のスタイルには教会で挙げる教会式と、神社で挙げる神前式があります。神前式は和装し、神社境内で行います。印象的には昔からの伝統が伝わってきて、日本古来の儀式があります。教会式とは違う雰囲気になります。

神前式(参考サイト:福岡の神社挙式会場ランキング)は、大正天皇のご成婚が一番最初と言われており、このスタイルが一般に行われるようになったのは第二次大戦後です。神前式の流れでは、参進の儀から始まります。花嫁が雅楽が流れる中で、巫女の先導を受け、本殿御社殿に入場します。続いて、新郎が入場してきます。神社では、楽人が先頭になり、仲人、親親族は後になります。入場したら右側に新郎、左側に新婦が座ります。

その後、修祓、祝詞奏上、誓盃の儀、神楽奉納、誓詞奏上、玉串奉奠等、昔から行われている儀式が行われます。神前式では三三九度の盃があり、新郎新婦は、大中小の盃で御神酒を頂き、契りを結ぶことになります。契りの後、新郎新婦で誓いの言葉を読むことになります。玉串奉奠では、神社参拝の礼儀作法である「二例二拍手一礼」を行い、玉串を捧げ、指輪の交換に移ります。

指輪の交換が終わると、親族盃の儀にて、親、両家親族で御神酒をいただきます。一連の流れは、教会と全く違う様式になり、三三九度や二例二拍手一礼等、慣れない礼儀作法があり、戸惑うかもしれませんが、式前の予行練習で親切に教えてくれます。また、式本番でも斎主や巫女さんが丁寧に教えてくれますから、何滞りなく式は進行しますし、心配することは何もありません。

最近では神前式の人気が上昇している傾向にあります。和装では、白無垢の花嫁衣裳ですが、最近ではかわいい衣装も増えています。また、神前式では、親族しか列席することが出来ないと思われがちですが、会場が広い場合や、場所によっては友人や知人も列席できるところもあります。神前式はちょっとしたブームになっています。

神前式を行う場所は、本格的な挙式を望のであれば神社で行いましょう。神社の場合は、収容人数が限られてしまう場合がありますので、親、親族のみの列席になる可能性があります。ホテルや結婚式場でも神前式は可能で、この場合は館内にある神殿で行われます。式場の神殿の場合でも収容人数の関係で列席者人数に限りがある場合もあるので確認してみましょう。もし収容人数が多ければ、友人や知人も一緒に列席してもらえるようになる可能性があります。

神社で本格的な神前式にするか、ホテルや結婚式場で広いスペースで行うかでも結婚式の雰囲気はかなり違ってきます。また、式場での設備も注目しましょう。季節的なことになりますが、夏の場合は空調がしっかりしていないと暑くて大変です(おすすめサイト:福岡にあるブライダルエステサロンまとめ)。

特に新婦は和装する際に重ね着をするので、熱中症には十分気を付けなければなりません。そういったことを踏まえると、季節も考慮した方がいいでしょう。最近の神社は改装工事をする場合に環境を整えています。神社を選択した場合は神社の設備的をしっかりと聞いておきましょう。

神社挙式ってどういうもの?